スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
プラップジャパンが企業向けサイト 新型インフル情報を一目で
 総合PR会社のプラップジャパン(東京都渋谷区)は、新型インフルエンザに関する情報を一目で把握できる無料情報サイト「備えよう.com 新型インフルエンザ」を開設した。日々変わる新型インフルエンザに関する情報を1カ所に集め、閲覧しやすく編集した初めての法人向け新型インフルエンザ専用情報サイト。日本と世界の発症状況、行政やさまざまな法人の対応が一目で把握できる構成となっている。

 インフルエンザ関連の情報サイトは複数あるものの、記事を羅列しているだけであったり、情報が多い分整理不足で見にくいサイトが多いのが現状。「備えよう.com 新型インフルエンザ」は、「情報の収集だけで多くの時間と費用がかかってしまう」という企業の声に応え、企業の視点から必要な情報をピックアップし、シンプルな形で提供する。

 自社の感染対策のレベルを対策カテゴリー別に無料でチェックできる「対応レベルチェックシート」が含まれており、自社の感染対策における現状、強化すべき点を把握することができる。

 現在、流行中の新型インフルエンザ流行の第1波は9月末~10月末と厚生労働省が予測しているが、第2波、第3波、さらに鳥インフルエンザなど、さまざまな新たな展開も予測されている。そこで同社では「正確かつ迅速な情報収集は、危機管理の第一歩であるという観点からサイトを立ち上げた」という。 さらに、情報サイトと並行して、企業の具体的な新型インフルエンザ感染対策を迅速に支援するサービスの提供も始めた。 それぞれの法人用にカスタマイズを加えた5万円パック「テーラーメード 従業員向け対策ハンドブック&行動指針作成ガイド」と、2週間クイックコンサルティングサービス(30万円~)を中心に、従業員に毎日定期的に配布できるニュースレター提供サービス、本格的な危機管理コンサルティングなどを加え、企業の新型インフルエンザ感染対策を柔軟に支援する方針だ。
スポンサーサイト
[ 2009/09/29 18:34 ]

| 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0) |
新型インフルエンザで休業させる場合の賃金支払いは?
新型インフルエンザで休業させる場合の賃金支払いは?

 厚生労働省は、新型インフルエンザに関連して労働者を休業させる場合、休業手当の支払の必要性の有無等について、一般的な考え方をQ&A形式で整理した。以下では2つの例を紹介する。

 まず、新型インフルエンザに感染して、医師等の指導により労働者が休業した場合、一般的には「使用者の責に帰すべき事由による休業」に該当しないと考えられ、休業手当を支払う必要はないとしている。

http://www.jyoujyou.com/news/news090929.html
[ 2009/09/29 18:32 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
企業内の新型インフルエンザ罹患情報などを管理「インフルエンザ対策システム」
 「インフルエンザ対策支援システム」は、企業内における新型インフルエンザの罹患情報などを管理するWebアプリケーションを構築できるサーバーソフト。Windowsなどに対応するフリーソフトで、編集部にてWindows Vistaで動作を確認した。作者のWebサイトからダウンロードでき、動作には「Java Platform, Standard Edition Development Kit (JDK)」v6以降が必要。

 今年7月頃から急速な感染拡大を見せている新型インフルエンザ“H1N1”。ひとたび企業内で発生すれば一気に感染者が増え、業務に重大な支障をきたす可能性がある。本ソフトは、Webブラウザー上からの簡単な操作で従業員の健康状態を上司が把握できるようになっており、インフルエンザの感染拡大にすばやく対応できるだろう。


健康状態報告画面
 本ソフトを利用するには、まずダウンロードしたZIPファイルを任意のフォルダへ解凍し、解凍先にできた“wagbyapp”フォルダ内の“bin”フォルダ内にある“startup.bat”を実行する。次に、WebブラウザーでWebアプリにログインし、従業員の情報を登録すれば準備が完了する。従業員の情報はCSVファイルをアップロードして一括登録することも可能。

 従業員はWebアプリへ1日1回ログインし、その日の健康状態を“発熱(38度以上)”“のどの痛み”“新型インフルエンザ罹患”といった症状のチェックボックスなどで報告する。健康状態は日付や従業員ごとに集計可能で、症状などで絞り込むこともできる。VPNで社内LANにアクセスしたり、サーバーをインターネットに公開すれば、病欠中も自宅から健康状態を更新可能で、感染状況の把握に役立つだろう。


スケジュール登録画面
 さらに、病欠時の対処を管理できるスケジューラー機能を備えている。スケジューラー機能では予定を登録する際に、“他スタッフへ引き継ぎ打診済み”“引き継ぎ者不明かつ対応方法も未検討”といった病欠した際の対応をラジオボタンで登録可能。対応による絞り込み検索もできるので、対応が未決定の予定を洗い出す際にも利用できる。

 そのほか、マスクやうがい薬といったインフルエンザ対策用の備品を管理する機能や、ファイル共有機能を備えている。

 なお、本ソフトは同時アクセス数が10接続までに限られるという制限があり、同時接続数の追加には有償のライセンスを購入する必要がある。

http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20090929_318118.html
[ 2009/09/29 18:31 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
修学旅行中止の場合 橋本市、キャンセル料公費負担に /和歌山
 新型インフルエンザによる学級閉鎖などで修学旅行が中止になった場合、橋本市は旅行代金のキャンセル料を公費負担することを決めた。保護者の負担軽減を図る。

 キャンセル料は、宿泊代の場合が前日キャンセルで1人4000円、2~5日前は1600円。バス代も、24時間前以降は1台10万円、2~7日前は同6万円が必要となる。同市では10~11月に小学校14校が修学旅行を計画しており、最高で525万6000円が必要となる。

http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20090929ddlk30040407000c.html
[ 2009/09/29 18:30 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
新型インフルエンザ:小4男児が重症化--県内3例目 /滋賀
 広島市は28日、インフルエンザのような症状の生徒が多いため、小中4校を学年学級閉鎖すると発表した。閉鎖は、亀山小(安佐北区亀山5)の6年生2クラス▽亀山中(同区亀山3)の1年生1クラス▽己斐上小(西区己斐上6)の3年生▽五月が丘中(佐伯区五月が丘2)の2年生--の4校。重症者はいない。

 ◇庄原・東城中も
 また、庄原市立東城中(庄原市東城町)も2年生1クラスを28日から10月1日まで学級閉鎖にした。同市教委によると、インフルエンザによる学級閉鎖は今年度、同市で初めて。

http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20090929ddlk34040431000c.html
[ 2009/09/29 18:29 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。