スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
中外製薬、抗インフルエンザウイルス剤「タミフル」の2010年3月までの供給計画を発表 - 日本経済新聞 (プレスリリース)
抗インフルエンザウイルス剤「タミフル(オルセタミビル)(R)」

今後の供給計画について


 中外製薬株式会社[本社:東京都中央区/社長;永山 治](以下、中外製薬)は、F.ホフマン・ラ・ロシュ社から輸入し、製造・販売している抗インフルエンザウイルス剤「タミフル(オルセタミビル)(R)カプセル75」「タミフル(オルセタミビル)(R)ドライシロップ3%」(一般名:オセルタミビルリン酸塩)について、2010年3月までの供給計画がこのほどまとまりましたので、お知らせいたします。

 昨年、政府は新型インフル対策の強化として、抗インフルエンザウイルス剤については人口の45%に相当する量を目標に行政備蓄量を引き上げることとする方針を決定しました。これを踏まえ中外製薬では、本年3月より日本生産能力を強化し政府および都道府県に対して行政備蓄品の早期納品に取り組んでいます。

 一方、本年5月、日本においても新型インフル(ブタ由来A/H1N1)が発生しました。現在、感染者数が急増していることに加え、ほとんどの国民が免疫を獲得していないと考えられていることから今秋冬に向けて大規模な流行が懸念されています。

 このような観点から中外製薬は、日本全ての病院等の医療機関において安心して新型および季節性インフルエンザの診療にあたられるよう現在の流通在庫量に加え、新たに1200万人分の通常流通品を2010年3月までに生産・供給することといたしました。これは、国民の約10%分、昨シーズン病院等の医療機関への出荷量の3倍に相当します。

 なお、今後、流行状況に応じて追加供給を検討いたします。

 中外製薬は、抗インフルエンザウイルス剤の製造販売元として、万全の体制を整えて準備にあたる所存です。


以上

 タミフル(オルセタミビル)(R)は、F.ホフマン・ラ・ロシュ社(スイス)の登録商標です。
スポンサーサイト
[ 2009/09/25 00:44 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<新型インフルエンザ、札幌圏で流行 集団感染で休校や学級閉鎖が急増 - BNN プラス北海道365 | ホーム | 感染1割減→ワクチン1600万人分の効果…東大助教ら試算 - 読売新聞>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://konyoku.blog37.fc2.com/tb.php/16-a4d46a3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。