スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
タミフルが不足?
 「タミフルが不足している」という話がネットに出回っている。しかしこれは真っ赤な嘘(デマ)である。だまされてはいけない。

 ──

 「タミフルが不足している」という話は、ネットに散見される。検索すれば、いくつか見つかる。かなり有名なサイトでも、このような見解を流している。
 また、次のニュースもある。

 「神戸のほとんどの病院でタミフルを切らしている」
 「問屋に頼んでも、なかなか手に入らないんですよ。タミフルは、足りませんね」
( → J-CAST )

 このような話から、「豚インフルエンザの流行で、タミフルが不足している。そのせいで、医者は処方できなくなっている」と主張する人まで現れる始末だ。(もちろん嘘だが。処方箋ぐらい、薬剤なしで処方できる。)

 ──

 よく考えてみよう。次の計算をする。
  ・ タミフル の備蓄 …… 3700万人分
  ・ 豚インフルの患者 ……  200人以下 (当時)
 37,000,000人分の在庫があって、患者が 200人以下。それでどうして不足が起こるのか? 起こるわけないでしょうが。馬鹿馬鹿しい。

 ここまで考えれば、正解がわかる。こうだ。
  ・ 一時的にあちこちの店舗で在庫切れになる。
 これは、よくあることだ。
 どんなものだって、急に人気が出ると、あちこちで在庫切れになる。最近では、「ファミマのエクレア」というのがある。テレビで放送されたら、その翌日だけは、日本中で品切れの店舗が続出した。しかし、だからといって、「ファミマのエクレアが全面的に品不足になった」というわけではない。一時的な問題にすぎない。
 タミフルの場合も同様で、単に物流の問題だ。短期間に急に需要が増えたから、一時的に在庫が切れただけだ。しかも、それは、限られた薬局だけだろう。あちこちの薬局を探せば、ちゃんと見つかるはずだ。

 もう一つ、別の理由も考えられる。
  ・ 豚インフルエンザ以外の人々が、やたらとタミフルを求める。
 こっちの方が原因としては大きそうだ。豚インフルエンザじゃなくて、豚インフルエンザ以外の季節性インフルエンザの人々が、怖がって、タミフルをやたらと服用したがる。それが理由となるわけだ。

 ──

 では、その本質的な問題は、どこにあるか? こうだ。
 「タミフルの必要ない人々が、やたらとタミフルを購入する」
 これが根本問題だ。「タミフルが不足した!」と騒ぐ必要などは、もともとない。なぜなら、彼らはもともとタミフルなど飲まなくていいからだ。自宅で寝て治せばいいだけだ。「タミフルを買えない!」と騒ぐ人がいたら、「おまえはタミフルなんか飲まないで寝ていろ!」と告げてやればいい。それだけだ。

 本当にタミフルが必要な人々は、重症の患者だけだ。そういう人たちは、「タミフルが不足している!」と騒ぐことはできないが、実は本当にタミフルを必要としている。
 では、そういう重症者は、どれだけいるか? 実は、ゼロらしい。豚インフルエンザで重症になった人は、これまでのところ、一人もいないようだ。
 また、高齢者や幼児で、タミフルを飲んだ方がいいと思える人も、ほとんどいないようだ。せいぜい数人だろう。(現時点で感染者は 200余名。そのうち大部分は若者。)
  
 ──

 ついでだが、「 3700万人分じゃ足りないぞ、1億人分が必要だ」と思う人もいるかもしれないが、心配ない。他に、リレンザの分もある。合計して、4000万人分以上。
 一方で、年間のインフルエンザ感染者は 1500万人程度だ。そのうち、大部分は自力で免疫によって治すので、タミフルは必要ない。需要と供給を比べれば、タミフルはまったく足りている。

 問題が起こるとしたら、ただ一つ。タミフルの使いすぎで、豚インフルエンザが薬剤耐性を持つようになることだ。こうなると、タミフルが無効化するので、タミフルが無限にあっても、何の役にも立たなくなる。
 私の予想では、3700万人分を使う前に、豚インフルエンザは耐性を持つようになり、3700万人分のタミフルの大部分は、ただのゴミになるだろう。(つまり、足りないんじゃなくて、大幅に余る。そうなるだろう。
( ※ 実際、季節性インフルエンザに対しては、タミフルは大幅に余剰だった。もはや無効の薬となっていたので。)

 ──

 結論。
 タミフルが不足している、ということはない。たまたま一部の店舗で在庫切れになっているだけだ。また、タミフルを求める人々は、もともとタミフルなんか飲まない方がいい人ばかりだ。例外は少数。
 
 なお、「タミフルの不足している病院が多い」と述べる人もいるが、タミフルは病院でもらうものじゃなくて、薬局で買うものだ。病院でもらえなくなったって、別に、どうってことはない。薬局に行けばいいだけのことだ。

 一般に、人々が騒げば騒ぐほど、パニックが起こり、一部店舗で品切れが起こりやすくなる。それを見て、「ほら、品不足だ!」などと騒ぎ立てるのは、悪質なデマ行為だ。
 タミフルは 3700万人分もあるのに、それも知らないで、「不足だ、不足だ」と騒ぐ無知な連中が多すぎる。引っかからないようにしよう。

( ※ なお、私が医者だったら、「タミフルがない」と騒ぐ人には、「タミフルなんか飲むな!」と一喝してやりたい。「どうせ飲むなら、酒でも飲んで寝てろ。その方がうるさくなくていい」とかね。  (^^); )


 [ 付記1 ]
 デマが怖いのは、デマが逆に危機を引き起こすからだ。
 「タミフルが不足している! 急いでタミフルを入手せよ!」
 というデマが出回ると、タミフルが不足していなくても、デマのせいでタミフルの不足(一時的な在庫不足)が発生する。
 これと同じことは、石油ショック時に「トイレットペーパー騒動」という形で起こった。「トイレットペーパーがなくなる!」というデマが出回ると、人々は急いでトイレットペーパーを買い求めたので、トイレットペーパーの品切れが現実に起こってしまった。あちこちのスーパでトイレットペーパーの棚が品切れになり、その状況は1カ月ぐらい続いた。
 その後、メーカーが増産して、トイレットペーパーは棚に並んだが、そうなると、今度は誰も買わなくなってしまった。人々は自宅にある山のようなトイレットペーパーを使うのが先決で、店で購入することはなくなった。
 結局、一時的な品切れと、そのあとの過剰状態。一年を通じてみれば、トイレットペーパーの需給は何も変動はなかった。需要増加もなかったし、供給不足もなかった。単に一時的な変動だけがあり、それゆえ、大混乱だけがあった。

 デマはこのように社会に混乱をもたらす。そういうときには、「デマはデマだ。振り回されるな!」と警告することが必要だ。しかるに、豚インフルエンザの騒ぎのなかで、デマを大々的に飛ばしている阿呆がいる。
 トイレットペーパーならば、なくなったって、手や水で拭いてもいい。 (^^); しかしながら、人命や健康にかかわる薬剤で、「タミフルが不足している」というデマを飛ばすのは、きわめて悪質だ。
 その悪質さに気づかないでデマを飛ばす連中がいる。はっきりと注意しよう。

( ※ こういう連中は、「診察拒否は当然だ」と正当化する連中と、だいたい重なる。マスコミや政府は阿呆なだけかもしれないが、世の中にはほとんど悪意で行動する連中がいるのだ。注意しよう。彼らは、トイレットペーパーやタミフルの不足が起こると、欣喜雀躍して、はしゃぎ出すのだ。)

 [ 付記2 ]
 一方で、悪意でなく善意ゆえに、実際にタミフルの不足を起こそうとしている連中がいる。それは、政府と自治体だ。(東京都を含む。)
 ちょうどこの時期に、政府と自治体は、製薬会社や問屋に向かって、「タミフルを大量に寄越せ」と言い出したのだ。理由は、「備蓄を増やす必要があるから」というもの。
 これは気違いじみている。市中の流通在庫が少なくなっているときに、備蓄を崩すのでなく、備蓄を積み増そうとしているのだ。「備蓄」の意味を取り違えており、備蓄の役割と正反対のことをしようとしている。
 こういう阿呆がいると、どんなにタミフルが余っていても、市中では一時的に在庫不足が発生する。
 だから、なすべきことは、「政府の馬鹿野郎。この時期には、備蓄を増やすな。備蓄を吐き出せ」と唱えることなのだ。
 ところが、あろうことか、そう唱えるかわりに、「タミフルが不足だ!」と騒ぎ立てる阿呆がいる。
 阿呆の音頭に乗せられないようにしよう。踊らせる阿呆と、踊る阿呆。

 [ 付記3 ]
 そろそろ、タミフルの乱用を防ぐ措置を、正式に決めた方がいいだろう。次のように。
 「タミフルを原則、保険からはずす。全額、自己負担とする。ただし、高齢者・幼児・入院患者を除く」
 これによって、耐性ウイルス出現などの問題を抑制できるはずだ。そもそも、タミフル乱用なんて馬鹿げたことをやっているのは、世界中で日本だけなのだ。専門家( WHO )がやってはいけないと指摘していることを、あえてやる阿呆だらけの国。
 
スポンサーサイト
[ 2009/09/23 22:28 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<新型インフルワクチン不足で、タミフルは十分な量がある?? | ホーム | タミフルが不足>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://konyoku.blog37.fc2.com/tb.php/8-8180b376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。